和書詳細

巻物

掛け軸

掛軸(かけじく)とは、書や東洋画を裂(きれ)や紙で表装したもの。
仏教を広めるための道具として日本に流入した後、日本の文化と融合し、室内装飾で重要な役割を果たしている。
江戸時代に明朝式表具が日本へ入り、文人画には文人表装などで掛軸が華やいでいった。
明治・大正期は日本画の隆盛により、掛軸もさらに大きく飛躍していった。
昭和に入ると、官公庁主催であった「文展」(現:日展)と「日本美術院」などの台頭により日本画の隆盛期を迎えた。

一覧へ戻る